埼玉より鯉をこめて!カープ応援ブログ

埼玉育ち(カープ一筋)のおっさんが、埼玉からカープを応援!

2021/6/14 広島VS西武 薮田VS與座 8連敗

2021年6月14日(月)の試合結果。
----------

C 2-3 L

(勝)森脇
(S)平良

(敗)コルニエル


L 與座、佐々木、森脇、渡邉、十亀、平良 - 森
C 薮田、コルニエル、中田、森浦、バード - 石原、磯村

----------

2安打じゃ、勝てませんよ。以上。 引き分け挟んで8連敗だそうです。


先発薮田は、3回まで無失点。4回に呉のタイムリーで1失点。5回に2四球で2アウト1、2塁としたところでコルニエルにスイッチ。

コルニエルが森にタイムリーを打たれ1失点。薮田は5回投げ切れなかったが、試合はつくった。

 

カープは4回、2アウトから鈴木誠四球、坂倉ヒット、西川四球で満塁とし、林が2点タイムリーヒット!


2-2同点の6回、西武の攻撃。ピッチャーは引き続きコルニエル

山川振り逃げで出塁。このパスボールはイカン、磯村。その後ヒット、送りバント、四球で1アウト満塁。

ここで代打中村の浅いセンターフライ。タッチアップの本塁返球をあせった羽月がまさかの落球で1失点。(カバーした鈴木誠也がセカンドでアウトを取る)

 

この場面、もちろん羽月は落としてはいけないのだが、本職内野手の3年目の選手だから、羽月だけのせいには出来ません。

あとやはり、磯村のパスボールがなければこうはなっていなかったのではないかと思う。いずれにせよ、ミスで失点をしてしまった。


そして最初に戻るが、2安打じゃ勝てませんよね。ずーっと淡泊な攻撃が続いて、見ていて全く面白くない。

 

チャンスといえば、5回1アウト1、2塁から小園、鈴木誠也が凡退。と8回ノーアウトから羽月四球、小園送りバントで1アウト2塁とし、鈴木誠也坂倉が凡退。

8回は小園に打たせて欲しかったところもあったが、鈴木誠也がやっぱりチャンスに打てないのがつらい。


今日良かった点と言えば、のタイムリーと、森浦が良かったこと、初登板となったバードが1回を3者凡退でしっかり抑えたこと、でしょうか。


さあ、交流戦あと2試合。1勝か2分けしないと、セリーグの12年ぶりの勝ち越しが消えるらしいよ・・。

明日は先発大瀬良ならしっかり投げてくれると思うが、2安打では勝てないから、明日こそ活発な打線が見たい。

2021/6/13 オリックスVS広島 増井VS高橋昂 栗林の記録ストップ・・

2021年6月13日(日)の試合結果。
----------

B 9-8 C

(勝)ヒギンス

(敗)栗林


C 高橋昂、菊池保、島内、高橋樹、栗林 - 會澤
B 増井、山田、富山、K-鈴木、ヒギンス - 伏見

----------

何だか、呪われてはいまいか。お祓い行ってきた方がいいよ、監督。

 

今日は珍しく1回から菊池涼の先頭打者ホームラン、会澤のタイムリー2ベースで3点を先制!


今日こそ勝てるか?と思ったら1回裏、早速カープ先発の高橋昂が杉本に2ランホームランを打たれ1点差に。


すると2回表、小園のタイムリーで1点を追加してまた2点差に。今日はいつもと攻撃が違う!オリックス先発増井に2回で50球くらい投げさせてるし。


ところが、3回裏が悪夢だった。連打でノーアウト1、2塁からバント。高橋昂が3塁へ送球したがオールセーフ。タイミングはアウトだったが、ワンバン送球でもキャッチできず・・。

 

そして吉田にセンター前ヒットを打たれ1失点は仕方ないが、次の杉本の当たりはピッチャーのグラブをはじいて、どこか内野手のところにでも転がればいいのに誰もいないところへ・・運・悪!

これで同点。次のロメロには甘い球を投げてしまい2ベースでB6-4Cと2点ビハインドに。

 

そしてT-岡田を三振にとったところでピッチャー交代。菊池保に。

ここはこれ以上は点を取られたくない場面だが、やはりイムリーを打たれ8-4と4点差に。

 

結局またドタバタしてビッグイニングを作ってしまった・・。

 

しかしまだ3回。まだやれるだろ、と思っていたら、いつものカープ打線に戻った?6回まで増井にスイスイ投げられ見せ場なし。

 

ああ、今日も負けだなと思っているところ、8回に鈴木誠也が久しぶりのソロホームラン。5/3以来とのこと。

 

9回には林、宇草、菊池涼と3連打で1点を返すと、小園のタイムリーヒットでついに同点に追いつく。さらに鈴木誠也がヒットでつなぎ、坂倉がライト前ヒット!かと思ったらセカンド正面のライナーで同点まで。

逆転までは出来ないのが今のカープか・・。でも追いつけたのは良かった。

 

しかし私は不安だった。9回裏、誰が投げるのだろうか。どう見てももう負けという雰囲気だったし、準備しているのだろうか。


やはり栗林が出てきた。そして、先頭バッターにストライクが全く入らず四球。う、これ全然準備出来てないんじゃないのか・・。嫌な予感。

 

バント、敬遠、四球で1アウト満塁。頑張れ、栗林。

ここでロメロを三振に取り、今までみたいに切り抜けられるかも・・と思ったが、次のT-岡田に痛恨のライト前サヨナラタイムリーヒットを打たれる。


これで栗林の開幕からの無失点記録は22試合で止まり、黒星を喫してしまった。

残念!

 

ツイッターを見ていたら、カープファンの皆さんのコメントはほとんどが「栗林は悪くない、今まで抑えてくれてありがとう、これからも頑張って!」

全く同意である。これが、だまって完璧な仕事をしてきた男に対するファンの思いなのだと思います。これからも守護神として頑張ってほしいです。

 

ということで、栗林は全く悪くないが、カープ交流戦最下位が確定した。今のところ、セ48勝、パ46勝、11引き分けと、セリーグの勝ち越しはカープにかかっているらしい。

カープが延期になった明日からの残り3試合のうち1勝、もしくは2試合引き分ければ09年以来12年ぶり2度目のセの勝ち越しが決まるとのこと。

 

そもそも今カープは2勝10敗3分けなので、パリーグに8個も貯金献上してるし・・w。

まあ頑張って1勝くらいはして欲しいが、明日は先発薮田か・・不安だがいい時の薮田が戻ってきてくれないかな・・頑張ってください。

 

そしてセリーグ最下位に躍り出ました。

まぁ、戦力を見ると先発も揃って来たし、フランスア栗林のダブルストッパーも出来そうだし、誠也がホームラン打ちまくるだろうし、10連勝くらいは出来そうに見える。

 

しかし10連勝しても5割に届かないのか・・とほほ・・・。

f:id:hachiwara:20210614063303p:plain

セリーグ順位2021.06.13

 

2021/6/12 オリックスVS広島 田嶋VS森下 得点圏打率について

2021年6月12日(土)の試合結果。
----------

B 3-2 C

(勝)田嶋
(S)平野佳

(敗)森下

C 森下、コルニエル、塹江 - 坂倉
B 田嶋、村西、富山、澤田、ヒギンス、平野佳 - 若月、伏見


----------

借金11。2分けをはさんで6連敗。もう、どうしようもないですね。情けなくなってきました。

3試合連続で打ち込まれて敗戦投手となっていた田嶋投手が、なぜカープ戦になると好投するのでしょうか。伸び伸び投げさせてしまっているんじゃないでしょうか。

 

初回にチャンスがありました。1アウトランナー2塁で西川、2アウトランナー3塁で鈴木誠也、いつもの通り点が入りませんでした。

 

コロナの影響があったとは言え、いつまで3番、4番がこの状態なのだろうか・・。ここで点を取っていたら試合の流れも全然違っていたかもしれません。

 

みんな必死なのだとは思うけれど、その後も淡泊な攻撃をしているようにしか見えません。

このあたりはここまでくると選手個々の問題だけではなく、どういう野球をしたいのか、どういう意識で試合に臨むのか、どうやって選手のモチベーションを上げるのか、どういう作戦で相手投手を攻略するのか、といったベンチワークに問題があるのではないかと思えてしまいます。

 

そして2回の森下、3失点しましたが、ちょっとかわいそうでした。

まず、最初のバッター杉本、サード堂林への内野安打でランナー1塁となるが、普通にアウトに出来るただのサードゴロ。このくらいアウトにしないと。このランナーは盗塁でアウトにするが、ピッチャーに余計な負担をかけていると思います。

そして紅林のレフトへの2塁打。これもショート小園に止めて欲しかった。打球が速かったのできわどかったが、止められたのではないでしょうか・・。

さらにその後の若月の四球。カープファン目線で言うと、振ってるやん、三振やん!確かに微妙ではあったが・・。そして福田のタイムリー3ベース。

 

森下は去年と比べると、カーブやチェンジアップなどのコントロールの精度が良くないのかと思います。なので球数も増え、四球を出すことも多く、苦しんでいるのではないでしょうか。

それでも6回3失点、防御率2.35の成績を残しており、これで3勝4敗はかわいそすぎます。

 

しかし、尋常じゃないくらいチャンスに打てません。

1回の1アウト2塁からの西川、誠也、5回2アウト1、2塁からの菊池、6回ノーアウト満塁から坂倉ダブルプレー、2アウト3塁から堂林

結局、相手にもらった押し出し1点とダブルプレー間の1点のみ。

情けない・・。一人くらい空気読まずチャンスで打つ選手がいても良いのに・・。

 

ということでカープ打者の得点圏打率を見てみると・・

菊池涼介.233
西川  .245
鈴木誠也.238
会澤  .167
坂倉  .333
堂林  .143
クロン .200
小園  .250
林   .667

今年は会澤得点圏打率低いですね。坂倉は何気に良いが、今日はダメだった・・。は打数は少ないが、ここまですごい数字になっています。

今日も左ピッチャーだからと堂林を使ったのでしょうが、もうはしばらくスタメン固定で使ってください。調子もちょっとずつ落ちているかもしれませんが、すぐはずしていたら成長しません。ホントにお願いします。


ついでにセリーグ規定打席数到達者の得点圏打率を見ていたら、.300を超えているのは6人。

梅野 T   .381
マルテ T  .340
塩見 S   .326
サンズ T  .323
ビシエド D .321
佐藤輝明 T .305

 

6人中4人が阪神そりゃ強いわ。

2021/6/11 オリックスVS広島 山本VS大道

2021年6月11日(金)の試合結果。
----------

B 4-0 C

(勝)山本

(敗)森浦


C 大道、コルニエル、森浦、中田、高橋樹、島内 - 會澤
B 山本、平野佳 - 伏見


----------

今日はオリックス山本由伸のピッチングが凄すぎた。7回までパーフェクトピッチング。ストレートは速いしカーブもフォークも切れっ切れだし・・。

 

ホントにパーフェクトやられるんじゃないかと思ったが・・8回にようやく誠也、坂倉の連打でパーフェクトは逃れたが、会澤、小園、菊池と3者連続三振で得点を奪えず。

 

しかし、初先発の大道も素晴らしいピッチングを見せてくれた。何と5回までノーヒット、84球でリリーフに託す。今日は初先発なので長くは投げさせない方針だったんでしょう。

ストレートに勢いを感じたし、次回も期待出来ると思います。

 

7回に森浦が初ヒットを打たれピンチを迎え、中田廉に継投。

中田廉が1アウト満塁から杉本タイムリーヒットを打たれる。しかし中田廉はいいピッチングをしていた。打った方を褒めるしかないくらい低い落ちる球をはじき返されてしまった。ただ、落ちる球を読まれていた感じではあり、これで勝負はほぼ決まった。


いくら相手投手がいいとは言っても、打線にはもうちょっと意地を見せて欲しい。大瀬良玉村大道も先発ピッチャーが最高の仕事をしても一つも勝てないのだから。ベンチも何か指示をだしているのでしょうか・・。

 

明日はスカッと勝たないといけません。森下とここ数試合打たれている田嶋ですから。

もう借金10ですよ。

 

2021/6/10 ソフトバンクVS広島 レイVS玉村 祝栗林球団新記録

2021年6月10日(木)の試合結果。
----------

H 1-1 C

引き分け


C 玉村、森浦、塹江、栗林 - 坂倉
H レイ、岩嵜 - 甲斐

----------

カープ先発玉村は、今まで見た中で一番良かった。ストレートも走っているし、変化球もいいコースにキレのある球を投げる。ストライク先行でテンポも良く、投げるたびに成長しているように感じる。6回に柳田から奪った三振などはホントに見事!

 

6回無失点と好投。今日は勝ちをつけてあげたかった。

 

対するソフトバンクレイも好投。3回クロンのソロホームランで1点を取るも、それ以外は4回に坂倉のヒットとエラー絡みでチャンスをつくったくらいで、8回までほとんど手も足も出なかった。

 

カープは7回から継投に入り、7回森浦が抑えたが、8回に塹江甲斐三森のヒットで1失点。9回は栗林が抑えて引き分け。


栗林は、四球、ボーク、敬遠もあり2死二、三塁のピンチとなったが切り抜けた。開幕からの連続無失点を22試合に伸ばし、球団新記録を樹立した。

 

森浦、塹江、栗林と完封リレーが出来れば良かったが、それよりも打線がもっと何とかして欲しかった。レイが良かったのだとは思うが、それにしても見ていて淡泊な攻撃が続き、ほとんど見どころがなかった。

 

ホークスは、5安打中4安打が三森と一人気を吐いていた。


勝って欲しかった試合だが、引き分けでも良かったと思えてしまう今日この頃。明日は大道が先発。玉村に続いて期待以上の好投をしてほしいです。

2021/6/9 ソフトバンクVS広島 東浜VS野村

2021年6月9日(水)の試合結果。
----------

H 8-4 C

(勝)東浜

(敗)野村

 

C 野村、菊池保、高橋樹、島内 - 會澤
H 東浜、津森、松本 - 甲斐

----------

カープ先発野村は、2回に中村晃タイムリーヒット、3回に柳田の2ランホームランで3点を失うも、4回3失点と何とか試合はつくっていた。

 

ちょっと不運でもあった。2回の中村晃のタイムリー前、長谷川に3ベースヒットを打たれたが、西川が目測を誤っていなければ取れた打球と思われる。

また3回の柳田のホームランの打席も、2ストライクからのファールチップが一度会澤のミットに入った後落ちていなければ三振だったのに・・(これは落としても仕方ない感じだったが、その後ホームランを打たれたのでファンとしては残念)

 

対するホークス先発東浜は3回までパーフェクト。打てる感じが全くしない快投だったが、4回に菊池ヒットの後西川の2ランホームランで2点を返し、さらに四球と連打、内野ゴロで1点を取り3-3と追いついた。

 

まだまだどちらに転ぶか分からない雰囲気だった。

 

5回裏、2アウト2塁、打者は前の打席ホームランの柳田という場面。ここで申告敬遠を選択。

これが、ものすごく嫌な予感がした。

 

野村の意思を尊重したのか、監督の判断なのか分からないが、次の1点を取られたら勝負が決まるという終盤ならともかく、ランナーをためて大量点を取られるのが一番最悪な場面。

柳田にホームランを打たれても2失点でまだやれるというところ、ランナーためて長谷川、中村晃の方がリスク高くないか・・。

 

やはり嫌な予感が的中。長谷川に四球の後、中村晃に粘られた後2点タイムリーヒットを打たれる。野村もいい勝負はしていたが、結果的に2点を取られてさらにランナー1、3塁のピンチ。

 

この後、甲斐に四球を出したところでピッチャー菊池保に交代。菊池保が今宮に押し出し四球の後、松田に2点タイムリーを打たれこの回5失点。試合の大勢が決してしまった。

 

ここ最近、一気に大量点を奪われてビッグイニングとしてしまうことが多すぎる。

これは、選手の能力や調子の問題もあるが、選手の意識の持ち方や交代タイミング、作戦などベンチ側にもかなり大きな責任があると思う。


今日の収穫としては、高橋樹島内がしっかり抑えてくれたことでしょうか。特に島内はいいストレートを投げていました。

あとは、島内が代走周東を牽制で刺したこと。周東は最近走塁が不調なんでしょうか。よく知らんが、昨日からよく抑えています。

 

交流戦ダントツビリ・・。まだ勝ち越しの可能性はあるな・・

f:id:hachiwara:20210610044014p:plain

交流戦順位表2021.06.09

 

2021/6/8 ソフトバンクVS広島 武田VS大瀬良

2021年6月8日(火)の試合結果。
----------

H 1-1 C

引き分け

C 大瀬良、塹江、栗林 - 會澤
H 武田、板東、岩嵜 - 甲斐

----------

大瀬良と武田の投げ合い。投手戦。


大瀬良は、久しぶりにエースらしい素晴らしい投球を見せてくれた。3回までパーフェクト。5回まで無失点。ストレートも走っていて空振りが取れ、変化球のコントロールも良かった。

 

対する武田もストレートに力があり、変化球との緩急と制球も良く、3回まで7奪三振と、20奪三振くらいしそうな勢いに見えた。


均衡を破ったのはホークス。1点を争う展開にホームランに気を付けなければならない状況の中の6回裏、今宮に対しちょっと慎重に行き過ぎた印象。

ボール2球でカウントを悪くしたところで投げた甘い変化球をスタンドまで持っていかれた。

 

カープ打線は、なかなかチャンスもつくれない状況だったが、7回表2アウトから会澤が粘った末に高めに甘く入った変化球をソロホームランして同点。

その後は継投で両チームとも抑え切り、1-1の引き分けで終了。


9回裏は栗林が登板したが、先頭柳町にヒットを打たれ、代走周東栗原センターフライの後、柳田の打席1ストライクから周東が盗塁。会澤がウエストさせストライク送球で2塁アウトに。

最後は柳田の左中間のあたりを野間が二塁に送球、きわどいタッチプレイ。セーフの判定に対しリクエスト。判定が覆ってアウトになり、試合終了。野間の送球、小園のタッチと好守備だった。


栗林は開幕からの連続無失点を21試合に伸ばし、河内貴哉が持つ、開幕から連続無失点試合の球団記録に並んだ。

 

そして今日は昨日コンディション不良から戻ってきた会澤が存在感を示してくれた。リード面、キャッチング、ホームランに、最後のピンチでの盗塁阻止。

坂倉、中村奨成も勉強して成長して欲しい。