埼玉より鯉をこめて!カープ応援ブログ

埼玉育ち(カープ一筋)のおっさんが、埼玉からカープを応援!

2022/12/4 新井監督の「秘密のケンミンSHOW極」出演とワールドカップ

先日、日本テレビ秘密のケンミンSHOW極」新井監督が出演していました。

 

新井監督:「マネジメントする側って経験がないので、皆さんすごく不安になられてると思うんですよね。私も不安です。」

久本雅美「コラ!」

アンガールズ田中:「テレビ出てる場合じゃないでしょ!4年連続Bクラスなんですからね!」

 

新井監督の素直な発言に笑いに包まれていました。

責任ある立場で、やったことのない仕事ですから、不安が無い訳がないです。それでも発言や行動に不安そうな感じは見せず、堂々としているところがいいですね。実際不安な思いもあるんでしょうけど、公の場でもキャンプでも選手達を不安な気持ちにはさせないよう堂々と振舞っているように私には見えます。

ケンミンSHOWの新井監督1

ケンミンSHOWの新井監督2

そして、バラエティ番組でも明るい笑顔としっかりした発言で、ますます応援したくなってしまいました。

 

番組の内容としては、広島とは言っても尾道ラーメンの特集でした。私も今年去年と4回広島に行きましたが、尾道は県内とは言え結構遠いので行きませんでした。広島宮島は結構うろうろしたので、来年はカープの応援と合わせて尾道にも行きたいな・・。大分昔に行ったことはあるのですが、尾道ラーメンが食べたくなった・・。


さて、田中広輔が80%ダウンで契約更改というニュースもありました。ショートは小園にさらに成長してほしいという思いもある一方、田中広輔にも良かったころの輝きを取り戻してほしいですね。

3連覇メンバーがどんどん去っていく中、33歳、まだまだやれる年齢。走る野球復活のためにも来年頑張ってほしいです。


さてさて、サッカーワールドカップ、すごいことになっていますね。

 

グループステージでは、日本ドイツに2-1で勝利してうかれていたら、最低でも引き分けだろうと思っていたコスタリカにまさかの0-1での敗戦。しかし正直勝てると思っていなかったスペインに、2-1で衝撃の逆転勝利!

 

グループステージ最終戦、前半はスペインドイツがリードしていたので、このまま行ったらこの2チームが勝ち抜けるという状況から、後半日本コスタリカがそれぞれ逆転して、まさかの日本コスタリカが勝ち抜けか・・という時間帯もあり、やっぱりドイツが逆転して日本は引き分けも許されない・・という厳しい状況となりましたが、最後まで1点を守り切ってスペインに勝利!

 

1点先制されてやっぱりダメか・・と思ったところから後半あっという間に日本が逆転した場面ではメチャメチャ熱くなりました。そしてドイツVSコスタリカが途中同点になり引き分けでもOKという状況からドイツが勝ち越してやっぱり勝たないとダメという状況になった中、スペインの猛攻を凌いで凌いでという後半はハラハラしっぱなしでした。ロスタイムの7分も長かった・・。

 

しかし日本ドイツスペインに勝つとか、過去の歴史を考えたら、意味が分からない出来事。日本がグループEを1位で通過。本当にすごい!すでに歴史を塗り替えたといっても過言ではないと思いますが、元々ベスト8が目標と言っていました。

 

さあ、明日はベスト8をかけてクロアチアと対戦。選手たちには、勝ってこれまで見たことのない景色を見てほしい。ドイツスペインに勝ったんだからクロアチアにも勝てるはず。そんなに甘くはないでしょうが、頑張れ~!!

 

2022/11/24 秋季キャンプ終了とフランスア退団

カープ秋季キャンプが11/21で終了しました。最後まで見ようと思っていたのですが、終盤JSPORTSの番組表になくて・・放送していなかったようで見られませんでした。

 

途中までしか見られませんでしたが、活気があり、若手の頑張る姿もたくさん見られて、いいキャンプだったのではないでしょうか。


そんな中、カープは外国人選手、アンダーソン、マクブルーム、ターリーと再契約するというニュースがありました。特にマクブルームが残るのはちょっとホッとしました。良いニュースと言えるでしょう。

 

しかし、それと合わせてフランスアの退団が決まってしまいました。これはとても残念なニュースです。全盛時には、150km台後半くらいのすごい球を投げて抑えをやっていたのを思い出します。

 

ここ数年、抑えをやっていた中崎、フランスアがケガで一軍での登板が少なくなりましたが、そろそろ二人とも復活して栗林とトリプルストッパーが組めるのではないかと夢見ていたので、本当に残念です。

 

フランスア月間18登板というプロ野球タイ記録を持っていますが、今年は球速が150km行くかどうかという感じで全盛時より10km近くスピードが落ちていたので、やはり登板過多の影響が大きかったのでしょうか。今後どうするのか分かりませんが、まだやれると思いますので、頑張ってほしいです。

 

そして、今年退団することになった白濱カープスコアラーに、菊池保則打撃投手になるというニュースも。こちらは今後ともよろしくお願いしますという感じです。元カープ中村恭平さんツイッターでフォローしていますが、菊池さんに労いの言葉と「好物のチキン南蛮で誘い出すか」というコメントをしていて笑いました。


さらにレジェンド黒田博樹さんカープ球団アドバイザーに就任したとのニュースもありました。将来的には監督もやってほしいですが、まずはアドバイザーとか良く分かりませんが、新井監督を支えてほしいと思います。

 

そして、トミー・ジョン手術明けの岡田明丈ブルペンで70球投げて、球速も147km出ているという記事も出ていました。岡田はエース候補と思っていた投手なので、来年復活した姿が見たいですね。もう一軍で3年も投げてないですよ・・。


最後に、11/23のファン感謝デーで、カープの来季のキャッチフレーズ「がががが がむしゃら」が発表されたそうですね。新井監督が「選手には汗を流してもらう」と言っていた通り、汗まみれで汚れたロゴデザイン。監督の方針とも一致したいいキャッチフレーズではないでしょうか。がむしゃらに頑張って来年の優勝を目指してほしいです。


カープネタは以上ですが、11/23のサッカー、日本ワールドカップグループステージの初戦、ドイツに勝利しましたね。前半は1点先制を許して攻められっ放しだったので惨敗もあるかと思っていたら、後半しっかり対策を打っての同点、逆転という展開にとても熱くさせてもらいました。まだグループステージ突破が決まったわけではないので、次のコスタリカ戦も必ず勝利してほしい。頑張れ!日本代表!

 

2022/11/15 新井監督が秋季キャンプに合流 そして安部引退

新井監督が秋季キャンプに合流しました。

 

新井監督は選手に、みんなのことを期待しているということ、みんなは家族だといういうことを話した後は、この2日選手のことをじっくり見ているような感じに見えました。すでに正随曽根など何人もの選手にバッティングのアドバイスをしているようですが、2日続けて行った紅白戦ではバックネット裏からずっと試合を見つめていました。

紅白戦を見つめる新井監督

2日続けて行われた紅白戦では、が素晴らしい球を投げてとても良いピッチングをしていました。来年は先発ローテに入るくらいの勢いで頑張ってほしいです。そしてそのライバルになる玉村、高橋昂也もいい球は投げていたので、さらにレベルアップしてローテ争いをしてほしいと思いました。

 

リリーフ陣はアドゥワ誠はいい球を投げていたと思うので来年は復活してほしいし、塹江もいいピッチングをしていたので来年は勝ちパターンでしっかり投げてほしい。

 

打撃陣は木下二俣がいいスイングしていい当たりを打っていたように見えました。矢野は守備でさすがのプレー。

 

それと練習だからかもしれませんが、ランナーが塁に出るとどんどん走っているのが良かったですね。宇草は二盗に続いて三盗も・・。逆に刺せないキャッチャー石原に対して達川さんが解説席で厳しく叱咤していたりしていましたが、走られないようにするバッテリーの練習もこれからかなり必要と思われます。

 

これから来年に向けて、新井体制でどうレベルアップしていくのか、楽しみです。

 


楽しみもたくさんありますが、残念なニュースもありました。安部が引退を決意したとのこと・・。まだ絶対やれるって、中日とか行けば相当戦力になると思うんだけど・・。

 

とか思っていたら中日阿部楽天涌井がトレードとか・・。阿部も貴重な打てるバッターなのに、出しちゃったら中日はさらに貧打に磨きがかかりそうに見えるんだけど・・。岡林も出てきたし、若手を育てる方針なんでしょうけど、安部なら代打でも活躍できますよ。どうでしょうか。

 

安部友裕は2017年に打率.310打って、以降は絶対的なレギュラーに定着すると思っていたのですが、なかなかそれ以上の成績は残せませんでした。それでも「覇気!」で劇的な一発も見せてくれたし、3連覇にも貢献して、たくさん楽しませてくれました。もっと現役で打つところを見れると思っていたので残念ですが、今までありがとうございました。お疲れさまでした。これからも頑張って下さい。


また別のニュースの話になりますが、菊池涼介が10年連続ゴールデングラブ賞を受賞しました。セリーグでは歴代最多タイだそうです。ミスター赤ヘル山本浩二さんに並んだそうです。素晴らしい!パリーグ福本豊さんの記録、12年連続を目指して頑張ってほしいですね。


そしてもう一つ、マット・デービッドソン内野手カープと契約するとのニュースが出ていました。大リーグ通算54本塁打で、今季は3A打率.310、32本塁打の右打者。数字だけ見るとパンチ力ありそうで期待出来そう!

 

ということでYOUTUBEで軽くMLB時代の映像を見ましたが、結構センター返しや逆方向への打球もあって、上原さんからもホームランを打ったり前田健太からもヒットを打ったりしていました。来年マクブルームと一緒に打線に並べば、一気に長打力がアップするかもしれません。とても楽しみです。

 

しかし、デービッドソンはサードが本職。そんな中、秋季キャンプで腰を痛めたは途中で離脱してしまいました。個人的に来年こそはが大活躍・・してほしいと思っていたところ、にとってはまた試練の年になりそうです。まずはしっかり腰を治して、さらなるパワーアップをしてレギュラーを勝ち取ってほしい。頑張れ!

2022/11/12 村田兆治さん亡くなる

村田兆治さんが11月11日、72歳で亡くなりました。

自宅で発生した火事のためとのことですが、ちょっと前には空港で逮捕されたという報道もあり、何があったのでしょうか・・。

 

村田さんと言えば、ロッテのユニフォームを着て、あのマサカリ投法で投げる姿が思い出されます。メチャクチャ豪快で独特なフォームなので、忘れることが出来ません。よくマネをしたものです。私の中ではインパクトのある投げ方と言えば野茂英雄村田兆治かというくらい。どちらもえげつないストレートとフォークを投げて三振をとっていましたね・・。

 

また偉大な人を亡くしてしまいました。ご冥福をお祈りします。

 

関係ないですが、他に面白い投げ方の人どんな人がいたかなと思い、思わず池谷公二郎さんの投球フォームをYoutubeで確認してしまいました。今見るとよくあんな投げ方出来るな・・と思ってしまいます。


さて、先月10月19日にはドリフターズ仲本工事さんが交通事故で亡くなり、我々世代の大スターに関する悲しい出来事が続いてしまいました。

 

私が子供の頃は、毎週「8時だヨ!全員集合」を見るのが当たり前の時代で、視聴率50%超えとかあったそうですが、長さん志村けんさん仲本さんも亡くなり、高木ブーさん加トちゃんだけになってしまいました。本当に寂しい気持ちになってしまいます。


悲しいこともたくさんありますが、楽しいこともあるはず・・。落ち込んでばかりもいられないので、カープの秋季キャンプで若手が練習する姿でも見て、来年の活躍を期待して楽しい気分にさせてもらおうかなと思います。頼むよ、みんな。

 

2022/11/10 秋季キャンプ開始と侍ジャパン強化試合

秋季キャンプが始まりました。3日目の様子をJSPORTSで観ましたが、若手を中心に声を出して溌剌と練習をしていました。

 

コーチ陣も新たなメンバーが入って、新鮮な部分も多いのではないでしょうか。第2クールからは新井新監督も合流するそうですね。

 

そんな中、ドラフト5位指名を受けた大阪ガス・河野投手が入団拒否する可能性について記事になっていましたが、無事カープに入ることになったようでホッとしました。そもそも拒否する気などなかったようで、おそらく記事の方に問題があったのでしょう。来年からバリバリ活躍してほしいです。

 

里崎さん1位の斉藤、3位の益田、5位の河野と全員1位クラスの選手の可能性があるので、今年のカープのドラフトは3年後検証したらとてつもない大成功になっている可能性があると言っていました。その通りになることを期待してしまいます。


さて、契約更改の話題も出ていて、年俸が上がる選手、下がる選手様々ですが、先日トライアウトも行われたようです。

 

私は見ていませんが、安部が1安打して、元カープ福井とも対戦したそうですね。長野も応援に駆け付けたとか。高木豊さんの記事を見たら安部はやれると書いてありましたが、私も絶対やれると思うので、どこかの球団が取って欲しいです。菊池保則山口翔なども参加していたようですが、どうだったのでしょうか。

 

ちょっと話が飛びますが、巨人ソフトバンク松田を取るらしいですが、サードには岡本がいるし、ファーストには中田翔がいるし、どうするつもりなんでしょうか。意味が分かりません。


さてさて、来年3月のWBCに向けて、11/5~11/10まで、侍ジャパンの強化試合が行われました。カープからは森浦西川がメンバー入り。

 

侍ジャパンは、日本ハムには5-4巨人には8-4で勝利。オーストラリアには8-19-0と2連勝。4連勝と強さを見せはしましたが、打線に今一迫力がない感じがしました。

 

●巨人戦の先発メンバー

1 中 塩見 泰隆
2 指 近藤 健介
3 一 牧 秀悟
4 三 村上 宗隆
5 二 山田 哲人
6 左 西川 龍馬
7 右 佐藤 輝明
8 捕 甲斐 拓也
9 遊 中野 拓夢

 

●オーストラリア一戦目の先発メンバー

1 中 近本 光司
2 左 西川 龍馬
3 指 山田 哲人
4 三 村上 宗隆
5 二 牧 秀悟
6 捕 森 友哉
7 一 岡本 和真
8 右 佐藤 輝明
9 遊 源田 壮亮

 

いい打線なんだけど、過去の侍ジャパン打線に比べると、ちょっと破壊力が落ちるような気が・・。まだ大谷とかも合流すると思われますが、個人的には一発のある吉田正尚、柳田、山川あたりを並べたい。あと鈴木誠也もメンバー入りの可能性があるとか。

 

●パターン1

1 中 塩見 泰隆
2 指 大谷 翔平
3 右 鈴木 誠也
4 三 村上 宗隆
5 右 柳田 悠岐
6 二 牧 秀悟
7 一 岡本 和真
8 捕 森 友哉
9 遊 源田 壮亮

 

●パターン2

1 中 西川 龍馬(近本 光司)
2 指 大谷 翔平
3 右 鈴木 誠也
4 三 村上 宗隆
5 左 吉田 正尚
6 二 山田 哲人
7 一 山川 穂高
8 捕 甲斐 拓也(中村 悠平)
9 遊 中野 拓夢

 

このくらいの打線になると、ワクワク感が半端ないですね。とか山田は6番くらいに置いてクリーンナップの破壊力を上げたい感じがします。7番に岡本山川がいると下位打線も強くてまた良い。吉田正尚はメジャーに行くみたいだから、出場は難しいのかな・・。

 

投手陣も、大谷、ダルビッシュ、千賀、山本由伸、平良、栗林あたりは入れたい。ダル千賀は無理なのかな・・。

 

などと考えていると、ワクワクして来ました。もうちょっと先ですが、楽しみです。その前にワールドカップですね。

2022/11/2 コーチ陣の発表と長野さんが移籍

10/31にカープは、来年度のコーチングスタッフを発表しました。
 

【一軍】
監督:新井貴浩
ヘッドコーチ:藤井彰人
打撃コーチ:朝山東洋
打撃コーチ:迎祐一郎
外野守備・走塁コーチ:赤松真人
内野守備・走塁コーチ:小窪哲也
投手コーチ:菊地原毅
投手コーチ:横山竜士
バッテリーコーチ:石原慶幸

 

【二軍】
監督:高信二
打撃兼走塁コーチ:福地寿樹
打撃コーチ:新井良太
外野守備・走塁コーチ:廣瀬純
内野守備・走塁コーチ:東出輝裕
投手コーチ:高橋建
投手コーチ:永川勝浩
バッテリーコーチ:倉義和

 

【三軍】
統括コーチ兼矯正担当:畝龍実
投手育成強化コーチ:小林幹英


一軍では藤井ヘッドコーチ、石原バッテリーコーチの2人が新任で、赤松二軍外野守備走塁コーチ、菊地原三軍投手育成強化担当が、一軍に配置転換となりました。

 

新任の藤井コーチがどこまでやってくれるのか、石原コーチは捕手専念となる坂倉をビシバシ鍛えるのか、赤松コーチが走塁をどれだけ変えてくれるか、など今から楽しみです。

 

投手コーチは高橋健コーチが二軍にまわり、菊地原コーチ、横山コーチが一軍に。東出コーチも二軍の内野守備走塁コーチになりました。この辺りはどう出るのでしょうか・・。ファンとしては、強くなればそれでいいのですが。

 

そして、カープからドラフト5位で指名された大阪ガス河野選手が入団拒否するかもという記事がありました。こればっかりは本人の人生なので自分のベストな選択をしれくれれば良いと思います。ただ、ファンからするともう期待しちゃってる訳だから是非ともカープに入って活躍してほしいですね。

 

ドラフト上位であることよりも、どれだけプロで活躍出来るかの方が重要、活躍すれば年俸で稼げるし・・なんて1ファンとしては思ってしまいますが・・河野選手がそう思ってくれるよう交渉してほしいです。


それから長野の巨人復帰という驚きのニュースが・・。

がFAで巨人に移籍した際に人的補償カープに来たわけですが、巨人愛の強かった男が何一つ文句を言わずカープで頑張ってくれました。入って来た時には喜んだし、さすがというバッティングで喜ばせてくれたことも一杯あったし。今年はもうちょっといい成績を残して欲しかったですが・・。

 

あと何年現役を続けることになるか分かりませんが、おそらく最期の球団が古巣の巨人になるというのは長野にとってはいいことなのではないでしょうか。個人的に巨人は好きではありませんが、これからも長野は応援してしまいますね。会見ではカープへの愛も見せて涙したとのことで、4年間カープで頑張ってくれてうれしかった。

 

カープ球団としても、来季年俸を下げて契約するか、巨人に受け入れる枠があれば移籍してもらうか、という選択だったようで、粋な計らいかと思います。長野は、巨人ファンからも、カープファンからも愛される、そんな男でしょう。これからも頑張って下さい。

 

2022/10/30 オリックス日本一おめでとう!

日本シリーズ第七戦オリックスは初回いきなり太田の先頭打者ホームランで先制。

 

5回表のオリックスの攻撃は、ノーアウト1塁から二人連続で3塁側に転がしたバントが内野安打になるまさかのノーアウト満塁。二者連続内野安打となったが、村上サイスニードの守備が良くなかったように見えました・・。

 

ここでヤクルト先発のサイスニードをファーストゴロホームダブルプレーに抑えて無失点で切り抜けるかに見えたが、中川四球、吉田死球でまさかの押し出しをすると、杉本の左中間へのフライを塩見がまさかのエラーで0-5と一挙5点差に。ヤクルトが、らしくない守備のミスでリードを許す。

 

オリックス先発の宮城の内容も良く、リリーフ陣も強いのでオリックスの優勝が見えてきた・・と思っていたが8回、1アウト1、2塁から村上のタイムリーとオスナの3ランホームランで一挙に4-5と1点差に迫り、分からなくなった。今日もいい試合。

 

それでもオリックスが1点差を守り切って4-5で勝利し、4勝2敗1分けで去年のリベンジ達成、26年ぶりの日本一に輝きました。去年も今年もいい試合が多く、どちらが勝つか分からない、楽しい日本シリーズでした。オリックスは日本一おめでとうございます。ヤクルトも途中まで4タテするんじゃないかと思うくらい強かった。両チームとも楽しませてくれてありがとうございました。

 

来年こそはカープの日本一が見たい、と思いましたが、カープ1984年以来日本一になっていないので、来年勝つと39年ぶりの日本一ということになるかと思います。セリーグ3連覇したとき、日本一になれなかったからなあ・・。

 

みやざきフェニックスリーグでは、カープ11勝3敗2分けとして優勝を決めたみたいですね。何試合か観て、勝ち負けよりも若手にいろいろな経験を積ませることの方が重要に見えましたが、有望な選手がいなければ優勝も出来ない訳で、来年以降一軍で活躍する選手が多く出てほしいと思いました。

 

西川龍馬も調整で出てましたけど・・。田村とか末包は期待出来そうな感じがしました。あともちろんも。投手陣は数試合しか観ていないのであまり良く分かりませんでした。アドゥワとかまた一軍でバリバリ投げてほしいですが。まあ、またキャンプなど春までにいろいろ動きがあるでしょう。